埼玉のログハウスで暮らす方法は

埼玉であこがれのログハウスを手に入れたとはいっても、その人のライフスタイルによって、別荘として年に数回程度の滞在ですませる場合もあれば、ずっとその場所で生活をするということもあるでしょう。埼玉は東京をはじめとする大都市にも近く、しかも適度に自然に恵まれているという、他の地域にはみられない、すばらしい環境にあります。こうしたところでの定住はもちろん可能であり、特に都会の喧騒をしばし忘れたいという人にとってはうってつけといえるでしょう。こうした場合、一般的な住宅とは違って、あらかじめいくつか注意をしておきたいポイントがあります。最初から定住を考えているのであれば、これらのポイントをおさえたうえで、後悔がないように準備をすすめておく必要があるといえます。

たいせつなログハウスのメンテナンス

ログハウスはいうまでもなく、自然の丸太を加工したものを素材として組み上げる建物であるといえます。そのため、既存の住宅などにくらべると、寒暖の差などの条件によって、木材の反り、ひび割れ、収縮などが起きやすいといえます。そこで、まったくの丸太のままというのではなく、木目の方向に注意しながら適当に切ってラミネートしたものを使い、反りやひび割れなどを防ぐ工夫をしているようなものもあります。埼玉県とはいっても、さいたま市のような年間を通じて気候が比較的温暖な地域のほか、秩父や皆野のように冬場の寒さがきびしい地域もあり、定住を前提とするのであれば、施工の際にはそうした違いを踏まえる必要があります。定期的な塗装やコーキング処理によって、寒気が室内に影響しないようにすることもたいせつです。

定住には土地を十分に吟味する必要がある

ログハウスを建てる場合には、建物の素材、外観、価格などといったことに注目するのがふつうですが、実は建物を建てるための土地についても、十分に吟味しておかなければならないといえます。埼玉県内の適地といえば、やはり北部や西部の自然が豊かな地域となってきますが、こうした地域であれば、別荘の分譲地も多く、上水道や排水などのインフラが整っていることも多いといえます。逆にいえば、正規の分譲地以外に建てる場合、上水道の確保が困難なため、自前で井戸を掘削するなどの、特別な経費がかかる可能性があります。しかも、冬場に凍結して井戸を利用できなかったり、雑菌の繁殖によって保健所から飲用不適格の烙印を押されてしまったりといったこともあり得ますので、長く暮らすのであれば、まずはそれなりの土地を求めることが必要です。