埼玉のログハウスで充実した時間を過ごそう

埼玉にあるログハウスを見ると。まるで別荘やペンションのような佇まいをしています。住宅街や街なかを移動しているとふとログハウスが目に入ることがありますが、一度は住んでみたいと思うだけでなく、実際に住居する方が増えているのです。この住宅の特徴は、樹木の幹や枝などを切り出したものを主の建築材にしており、木材を板状にする製剤工程を極力なくしていることにあります。そのため、外壁と内壁が一つの木材となっており、断熱材を全く使わないことも珍しくありません。丸太小屋といった認識を持つ方もいますが、内部は普通の住宅と全く遜色がなく、システムキッチンやバスルーム、トイレ、ベッドルーム、屋根裏部屋などすべてが揃っており、快適な日常生活を過ごせませす。多くの方が関心をもつ理由を解剖していきましょう。

木の持つ温かみや優しさが感じられる

埼玉でログハウスを選ぶ方が増えていますが、理由となっているのが木の持つ優しさや温かみを感じて生活できることにあります。必要最小限に加工された木材は、木材の香りを感じられます。この香りにはリラックス効果があるとされています。実に爽快な気分が広がり、心身をリフレッシュさせてくれるため、ストレスが原因の先進発汗が減少したり、脈拍も安定するといった嬉しい効果も指摘されています。もちろんありのままの自然材を利用しているので、シックハウス症候群などの問題も起こりませんし、新居入居時に感じられる頭がツーンとなるようなこともありません。針葉樹材を多く利用すると木の香りが強く感じられ、それは5年以上続きます。また居住している方は当たり前になって気づかなくなりますが、来客した方に木の香りがあることを指摘されたり、旅行や外泊など数日家を離れると木の香りを感じられるようになります。木の持つ香りでリラックスできるのが魅力の一つと言えるでしょう。

木材は断熱材になる 夏も冬も快適

埼玉のログハウスで生活すると冬はとても暖かく、夏はとても涼しいことに気づきます。木材はコンクリートや鉄骨などと違って断熱性能が極めて高くなっています。これは木材の持つ保温効果によるもので、冬の季節では室内暖房によって暖められた空気が木材によって保ち、外に逃げ出す事が少ないため暖かく過ごせます。もちろん夏場も快適です。これでもかと降り注ぐギラギラとした太陽光を木材が、しっかりと受け止めて室温への影響を防ぐので快適に過ごせます。この暖雪性能の高さは冷暖房費の節約もできるという嬉しい副次効果もあります。木材は火に弱いというイメージを持つ方もおられますが、そんなことはありません。使用されている木材が芯まで燃えるには相当の時間がかかることや内壁や外壁素材などが燃えることで有毒ガスが発生しないので、避難する時間も十分確保できます。