埼玉でログハウスを建てる時の注意点

カントリーテイストのログハウスというのは、見た目にもおしゃれで、木の自然な風合いやぬくもりが感じられる、たいへんすばらしい居住スペースになるものといえます。しかし、あこがれの暮らしに水を差すわけではありませんが、もしも埼玉県でログハウスをこれから建てようとする場合には、いくつかあらかじめ注意しておきたいことがらがあることも事実であるといえます。せっかく理想の住まいを実現しようとするのであれば、そうした注意が必要となるポイントをしっかりと押さえた上で、将来的にも悔いのないように仕上がりをめざすべきといえるでしょう。ここでは、そうしたポイントについて、かんたんにまとめていますので、ぜひとも実際に建てる上での参考として活用してみてください。

セルフビルドの際の落とし穴には注意する

ログハウスの新築をする場合、はじめから建築業者にすべてを委託してしまうという方法もありますが、誰でも一度は考えることとして、土地をまず購入して、そこに市販されているキットを組み立てて、セルフビルドをするという方法です。こうした方法であれば、費用的にも人件費の部分だけ安上がりになるほか、ある種のロマンに近い心情を満たすこともできます。埼玉県内であれば、東京都心にも近いことからキットを扱っている業者が多く、素材を選ぶ上で困ることもありません。しかし、セルフビルドの場合には、基礎がうまく組めなかったり、塗装やコーキングといった、建物の耐久性にもかかわる部分の仕上げがおろそかになったりしがちです。すべて自前でというのではなく、やはり重要部分だけは熟練した職人にまかせるという方法も考えたほうがよいといえます。

埼玉県内でも気候の違いを踏まえることが重要

同じ埼玉県内であるとはいっても、日本一暑いことで有名な熊谷をはじめとした関東平野の上にあたる場所と、冬場の降雪が見込まれる秩父のような山間部にあたる場所とでは、年間を通じた気候がまったく異なるということを考えなければなりません。ログハウスのように、もともとすき間の多い建築物を建てる場合には、冬場の寒さを乗り切るために、他の地域で建築するよりも、断熱性能を高める必要が出てくるかもしれません。在来住宅は違い、自然の木材そのものがある程度の断熱性能をもっていることは事実ですが、やはりコーキングや塗装を適切に行うこと、屋根断熱材などの厚みを十分に確保すること、窓の部分にペアサッシを使用すること、などといった、いくつかの工夫をしておくことが望まれるといえます。